読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまるんクエスト

アラサー勇者こまるが好きなことを語ります。

アタック25予選体験記~傾向と対策まとめ~

 

どうも、こまるです。

 

話は4カ月前まで遡りますが、あの有名番組「アタック25」の予選に行った時の話を。

会場でスタッフらしき人が「全国で予選やってるからツイッターで問題つぶやかないでね~」と言っていたけど、さすがにもう時効だよね!

結構前の話だから記憶が曖昧なところもあるけど、ご愛嬌で。

これから予選に出るよって人は是非、参考にしてくださいな。

 

 そもそもアタック25とは

 

ちなみにアタック25って番組はみんな知ってるよね?

簡単に言うと一般人参加型のクイズ番組。

クイズに答えてパネルを取り合っていくやつ。

児玉清さんの、アタックチャ~ンス!で有名なあの番組だ。

今は谷原章介さんがメインMCね。

 

f:id:komaru02:20160130010531j:plain

 

別に見ないけど知ってるよって人の方が多いのかもね。

実はおいらもそんな感じで、実際そこまで知らなかった。

パネルの取り方のルールも知らなかったもんね。

 

そんなおいらが何故アタック25の予選に行ったかというと、ズバリ嫁ちゃんの影響。

嫁ちゃんは子供の頃から日曜日はのど自慢→新婚さんいらっしゃい→アタック25を観て育ってきた筋金入りのプレミアムおばあちゃん。(こんな30歳いないと思う)

そんなおばあちゃん嫁ちゃんだから、アタック25にはずっと憧れていたんだろうなあ。

夫婦・ペア大会出場者募集というテロップに真っ先に反応したおばあちゃん嫁ちゃん。

全てはこれが始まりだったのだ。

 

予選参加は抽選で選ばれる

 

予選には誰でも参加できるとは限りません。

まず抽選に応募して、番組からハガキが届いたらようやく予選参加の資格をゲットできるのです。

倍率どれくらいなのかな?そこそこファン多いみたいだからなあ。

 

https://www.instagram.com/p/BBIQ4zIrH4p/

Instagram

これこれ。これが当選ハガキね。

結構びっくりでございましたよ。正直出したのも忘れてたからね。

「あなたがたは、多数のご応募の中から抽選の結果第一関門を通過されました」

うーん、やっぱり応募数多いのかなあ。

 

行くとなったらせっかくだからやっぱり受かりたい。

谷原さんに会いたい。

 

予選までの間、約一か月間YOUTUBEで過去の回を見まくりましたよ。

ずっと見てると結構面白いもんでねえ。

結局おいらもハマってしまったよ。

パネルの取り方とかも意外と奥深くて純粋に楽しめたぞ。

 まあ手の空いている時に過去問とかもやったりしてね、予選に備えたわけです。

 

予選当日

 

当日、ハガキに書いてある集合場所ABCアネックスに集まります。

「アタック25の予選参加者はこちらでお待ちください」という貼り紙があったので一時待機。

おいら達は10分前くらいに着いたけど、もう何組か待ってたなあ。

 

みんなとりあえず記念撮影しております。

おいら達もやっておこう。

https://www.instagram.com/p/BBITKXLLH8e/

Instagram

これが嫁ちゃん。初登場。

実物もこんな感じだよ。まじで。

 

 

時間になるとスタッフが出てきて、予選会場の部屋に通されます。

ざっと30組くらいはいるかなあ。

今回は男女ペアなので大体60人くらいかしら。

 スタッフが今日のスケジュールとか注意事項を簡単に説明してくれます。

そこそこ冗談言ったりしてね。緊張をほぐしてくれるわけだ。

 

なんか過去に出場した事あるって人もいた。

どんだけ出たいねん。

 

プロフィールシートとやらを記入する

 

説明が終わったらプロフィールシートを記入するように言われます。

クイズの得意ジャンルとか、アピールポイントとかを書く紙だね。

スタッフの人が言うには、このシートはすごい重要らしい。

もし本選出場になったら谷原さんがそのシートを見て色々質問したりするみたい。

あとは、誰でも1回は解答できるようにそのシートをもとにチャンス問題を出してくれるらしいぞ。

だからなるべく詳しく書けって言ってたな。

 

おいらは有名少年漫画全般とか書いたかな。嫁ちゃんは地図マニアだから地理って書いたみたい。あはは。

 

いよいよ筆記試験スタート

 

プロフィールシートの記入が終わったら、いよいよ筆記試験に突入。

試験とか久々すぎて結構緊張してしまったよ。

この筆記試験、なにが大変かって制限時間がたったの8分。

たったの8分で30問の問題を解かなければいけない。

つまり平均15、6秒で1問のペースが必要なのさ。

これはなかなかのプレッシャー。

おいらはもちろん、そもそも知識の幅が偏りまくってる嫁ちゃんにとってはなかなかのハードルだ。

 

ドキドキした緊張感に包まれる中、スタッフの開始の合図が響き渡る。

みんなが一斉に用紙をめくって解答が始まる。

そして怒涛の8分間が過ぎ、試験は終了。

回収されて採点の間、自由に待機する。

 

いやー、難しいね!

やっぱりプレッシャーのせいか、終わってから分かっちゃう問題とかもあったなあ。

基本的には半分が時事問題、半分がよくある定番のクイズって感じ。

どんな問題かを一部抜粋しちゃうぞ。(ってゆうかほとんど覚えてないんだが)

 

定番問題は

 

■魚などを油で揚げてねぎや唐辛子と酢漬けにした料理は?

■横縞の柄をボーダーと言うのに対し縦縞の柄をなんと言うか?

■(なんか忘れたけどクラシックの曲名)を作曲した人物は?

■ル・クルーゼはどこの国のブランド?

 

こんな感じ。分かる人は分かるけどってのが多かったかな。

 

時事問題は

 

■甲子園で活躍した早稲田実業の一年生スラッガーは?

■E-girlsに所属していてバラエティでも活躍する金髪の子の名前は?

■世界遺産に登録された長崎県の無人島は?

 

みたいな感じ。

テレビ見てれば定番問題よりは答えやすいかもなあ。

 

結果発表

30分くらい待つと再びスタッフが戻ってきて結果発表。

合格者が順々に呼ばれていきます。

今回はだいたい6~7組が呼ばれてたかな?

合格者はこの後、面接が待っています。

 

ん?おいら達かい?

 

残念ながら受かりませんでしたよ。

まあ休憩中に9割方分かってたけどね!手応えがないもの!

 

いやはや、悔しいものだね。

もう嫁ちゃんは諦めてしまったかもしれないけど、おいらは逆に火が付いたぞ。

1人でもリベンジにきてやるからな。

黒猫のウィズのアプリとっちゃったくらいだかんな、ちきしょー。

 

次回に向けての対策

 

今回の経験をもとに、次回に向けての対策をまとめてみたぞ。

 

アタック25の過去問を解いておく

 

ネットで探すと色々出てくるんだけど、結構同じ問題とか似たような問題が出てたと思う。

下手に色々クイズ本に手を出すよりもいいんじゃないかな。

 

二か月くらい前の注目ニュースを見直す

 

時事問題って言っても、「少し古いなあ」って思えるくらいの問題が多かった。

予選の時期は、ラグビーとかノーベル賞が注目トピックスだったから絶対五郎丸とかが出ると思ったのにまさかの清宮だもんなあ…。

早めに問題を作ってるのかもしれないね。

だから二か月くらい遡っておさらいするのがオススメかと。

 

そんなこんなでおばあちゃん嫁ちゃんの影響ですっかりアタック25にハマってしまいました。

クイズは脳を刺激するから、ボケ予防にもオススメだよ!

是非みんなでアタックチャンスしようねえ。

 

ではでは。